乾燥の原因

気になる肌の乾燥は、何とかしたいものです。乾燥の原因は、間違ったスキンケアによるところが大きいです。日々せっせとスキンケアをするはいいのですが、スキンケアが間違っているとしたら、自ら肌の保湿能力を弱めることになります。スキンケアが間違っていると、乾燥肌になってしまいます。食事や食生活も乾燥の原因になります。極端なダイエットや偏食、欧米型食生活をしていると、10代でも肌の乾燥を招くことになります。その他では、生活習慣が考えられます。睡眠不足、エアコン、ストレス、入浴などは、角質層の保湿機能を低下させる要因が潜んでいるので気をつけないといけません。乾燥肌の手入れのポインとは、入浴や洗顔の際は、お湯の温度はぬるめに設定することです。高すぎる温度だと、肌を守る必要な皮脂まで落としてしまう恐れがあります。体は38~40度、顔は32~35度くらいが良いとされています。そして優しく洗って拭くことです。顔や体をゴシゴシ洗うと、肌のバリア機能が弱まるからです。そして洗顔料や石けんを使用する時は、しっかり泡立て、泡で優しく洗いましょう。